*9月の講師

9月24日(火)
昼・夜


フラワー アーティスト
ニコライ バーグマン

私にとっての花とは

求む、月1回の大学生!
皆さまの参加をこころよりお待ちいたします
2019年第33期・この講師の「ココ」が面白い!

9月24日(火)   フラワー アーティスト
ニコライ バーグマン
私にとっての花とは
   デンマーク出身のフラワーアーティスト。太宰府天満宮で大規模な展覧会を開催し、4日間で2万人の来場者数を記録。色鮮やかな花が箱に敷き詰められたフラワーボックスを生み出し、一躍大人気に。1999年19歳で来日、北欧のスタイルと日本の繊細な感性を融合した独自のフラワーデザインは、多くの人を魅了している。日本での成功秘話や華麗な技で表現される、美しい花の世界をお楽しみに。

10月15日(火)   作家
下重 暁子
自分らしく生きる
   NHKの看板アナ、民放キャスターを経て、文筆の世界へと身を投じた。その独自の人生観や生き方を文字や言葉で表明してきたが、ここ数年、世の中が下重暁子に追いついて来たようである。「極上の孤独」「家族という病」など人生の指南書がベストセラーとなり、一躍、時の人となった。昔からの社会通念を否定する生き方には、反発もあるが共感も生まれている。講師の話に耳を傾け、人生を見つめることも有意義ではあるまいか。

11月14日(木)   株式会社A and Live代表取締役
(ジャパネットたかた創業者)
燗c 明
夢持ち続け日々精進
   全国的に注目を集める実業家の一人。佐世保市の小さなカメラ店からラジオ・テレビショッピングを機に通販事業を展開し、一代で年商1500億円を超える企業に。人呼んで「業界の風雲児」。しかし、2015年、66歳で社長を退任。経営を長男に譲ると、今度は経営危機にあった地元サッカーチーム「V・ファーレン長崎」の再建、強化に燃える。目の前の課題に全力投球を続けた人生について語ります。

12月10日(火)   講談師
神田 松之丞
講談漫遊記 番外編
   近年、講談界に新風を巻き起こしている神田松之丞。弱冠35歳の二ツ目ながら、「慶安太平記」や「赤穂義士伝」などの長編・古典から新作まで、深い人物描写、笑いを交えた分かりやすい熱演で、ご年配から若い客層まで魅了している。松之丞は従来の講談には珍しく客席に語りかけるスタイルも取り入れたり、CD、ラジオ、TV、雑誌、著書の出版などを通じて講談の魅力と可能性を様々な角度から発信している。




九州市民大学事務局/福岡市中央区天神1丁目1番1号 アクロス福岡西館10階 後援/福岡県・福岡市・福岡県教育委員会・福岡市教育委員会・(公財)福岡市文化芸術振興財団

(C)KYUSHU CITIZENS' COLLEGE. all right reserved.