●プロフィール●

9月15日(土)昼・夜

九州交響楽団
指揮&お話:中井 章徳
ソリスト:林 麻耶(ソプラノ)・青柳 素晴(テノール)


九響フレンドリーコンサート
日本のうた、世界のうた



きゅうしゅうこうきょうがくだん

 1953年創立。アクロス福岡での定期演奏会をはじめ、「天神でクラシック」、「名曲・午後のオーケストラ」の自主公演の他、青少年向けのコンサート、オペラやバレエ、合唱との共演、ファミリーコンサートなど内容は多岐に渡り、福岡県を中心に九州各地で年間約130回の演奏活動を行っている。2013年小泉和裕が音楽監督に就任。これまでに、福岡市文化賞、西日本文化賞、文部大臣地域文化功労賞、福岡県文化賞を受賞。

指揮&お話 中井 章徳(なかい あきとく)
 倉敷市出身。くらしき作陽大学音楽学部指揮専攻を首席で卒業後、桐朋オーケストラ・アカデミー、キジアーナ音楽院で研鑽を積んだ。1998年、第21回マスタープレイヤーズ国際音楽コンクールで指揮部門最高位の名誉ディプロマ賞と、マスタープレイヤーズ大賞を同時受賞。現在、出雲フィルハーモニー交響楽団常任指揮者。これまでに日本フィル、九州交響楽団をはじめ、全国各地のオーケストラで客演指揮を務めている。

ソリスト

林 麻耶(ソプラノ)

青柳 素晴(テノール)